Research

プラズマが切り拓く材料とプロセスそしてSDGsへ
東京理科大学寺島研究室
宇宙空間の99%以上はプラズマでできています。太陽もプラズマです。プラズマは固体,液体,気体に続く第四の状態で,イオンと電子が自由に動き回る高いエネルギー状態にあります。身近なところではロウソクの炎や雷などもプラズマです。本研究室では,低圧,大気圧,液中での低温プラズマを研究し,特に液体の中で発生するプラズマを理解し,コントロールすることで,先端化学プロセスへの利用や新規材料の合成に役立てています。これらプロセスと材料によって持続可能な循環型社会の実現を目指します。そして,地上での利活用だけではなく,宇宙(月面)でも使える技術にすることにも取り組んでいます。学科内の研究室や学内外の大学などの研究機関,または企業との共同研究を通して,SDGsの達成に貢献します。
寺島千晶
寺島千晶
寺島千晶
寺島千晶
寺島千晶
寺島千晶
寺島千晶